老いる自分と向き合おう【美容整形でアンチエイジング】

女の人

若々しい自分でいるために

鏡を持つ女性

身近にできる方法

年を取るとともに、フェイスラインの緩みや口角の下がり具合が目立ち始めたり、目尻や眉間のしわが目立ち始める等、誰もが身体的な機能の衰えを感じるようになります。この老化現象を、美容や健康の面から予防したり、改善したりすることをアンチエイジングといいます。似たような言葉でエイジングケアというものがあります。エイジングケアは年齢に応じたケアのことをいいます。基本的には似たような意味合いですが、アンチエイジングは老化を予防する意味がより強くなっています。現在では若々しくありたいと考える人が増えていることにより、アンチエイジングへの関心が高まっています。整形や生活習慣の改善等、対策は様々あります。まず身近に取り入れることができるものとしては、生活習慣の改善があります。ハリウッドセレブの間でもブームになっている日本食も老化防止の効果が期待できます。なぜなら日本食は元来、玄米菜食を中心にしているからです。日本食は大豆製品や魚や海藻類等を用いているので栄養バランスに優れています。海藻類にはマグネシウムやカルシウム、亜鉛、鉄といったミネラルが豊富に含まれており、肌の潤いを保って免疫力を高めることができます。

病院に頼る方法

生活習慣の改善以外に、整形手術によってアンチエイジング効果を期待することもできます。ほうれい線や目尻・眉間のしわに対する整形手術としては、ボトックス注入やヒアルロン酸注射が有名です。ボトックス注入は筋肉に注入する方法です。これによって肌をなめらかにして溝を無くすことができます。ヒアルロン酸注射は真皮層に注入することで皮膚表面にできた溝を無くす方法です。フェイスラインの緩みや口角の下がりに対する整形手術としては、フェイスリフトが有名です。これはコメカミから耳の後ろまで切開して、皮膚の下の筋肉を引き上げることで緩んだ部分をすっきりとさせる方法です。肝斑やそばかす等のシミに対しては、レーザー治療が有効的です。レーザーを照射することで沈着した色素を反応させて治療していきます。切開の必要もなく数分の治療で終わります。目のクマや瞼のたるみに対しては、部位によって異なる治療を行います。目の上のたるみや腫れぼったさに対しては、眉の下を切開する方法で皮膚を引き上げます。目の下のクマに対しては皮膚再生治療といった自身の血液を濃縮させて戻すといった最新の方法を取ります。整形手術というと高額な費用になるという心配もあるかもしれませんが、しわを取る場合は4万円程から治療できます。比較的手頃な価格で始めることもできるので、若々しさを取り戻すために病院で整形手術を受けるというのも手段の1つとして考えられると思います。