老いる自分と向き合おう【美容整形でアンチエイジング】

女の人

ボトックスの効果と注意点

女性の顔

注射だけなので簡単

しわを取るアンチエイジングのプチ整形がボトックス注射です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌から生成されるボツリヌス毒素を有効成分とした、切らないタイプのしわ取り美容整形です。毒素とはいっても製造段階で無毒化しており、体に害が出ない程度に注入するので安心です。ボトックス注射は筋弛緩剤として長い間医療現場で用いられてきました。美容整形で応用されるようになったのはここ10年ほどで、今ではすっかりアンチエイジングのプチ整形として定着しています。ボツリヌス毒素には神経筋伝達をシャットアウトし、表情筋の働きを抑える効果があります。注射をするだけで、眉間や額、目じり、口もとなどにできるしわを解消することができます。しわだけではなく、多汗症治療、小顔治療、美脚治療などにもボトックス注射が利用されています。ボツリヌス毒素にはアセチルコリンを抑制する働きがあるので、汗の元を抑えて多汗症や気になる脇の下のにおいを抑えることができます。また、エラの筋肉の発達を抑えてフェイスラインを細くすることや、ふくらはぎの筋肉量を減らして足を細くすることが可能です。注射をするだけなので、会社や学校を休むことなく施術が受けられます。

注射ができない人

ボトックス注射は注射一本で、手軽にアンチエイジングができるのでとても人気です。ボツリヌス毒素と聞くと、何となく不安に感じる人も多いかと思います。しかし、ボトックス注射は美容整形で使われるずっと前から、筋弛緩剤として病院で使われてきたので、安全性は証明されています。また、ボトックス注射で使う注入剤は、日本の厚生労働省も安全性を認めているので、重篤な副作用がなく安全に施術を受けることができます。ただし、ボトックスをしたくてもできない人もいます。妊婦や授乳中の人は基本的に施術を断られます。アレルギーのある人も、安全を考慮して施術を控えたほうが無難です。何らかの病気にかかり、病院で投薬治療を受けている人は、事前に担当医に相談をする必要があります。年齢的には、18歳未満の人や65才以上の人へのボトックス注射の投与を禁止しているクリニックが多いようです。アンチエイジングに効果的なボトックスですが、注射をしても効果がないしわというのがあります。ボトックス注射が有効に働くのは、笑ったり怒ったりして表情を作ったときにできる表情じわです。それ以外のしわ、例えば常に出来ているほうれい線などにはあまり効果が期待できないので、施術の際には注意すると良いでしょう。